自宅の鍵交換をすることによって得られる安心感

従来使用されていた鍵は防犯性が低くピッキングに弱い 従来使用されていた鍵は防犯性が低くピッキングに弱い

空き巣や泥棒などの犯罪が頻発中

鍵

鍵は家の中に、他人を侵入させないために使用されるものです。しかし防犯性能の低い鍵であれば、泥棒などに簡単に開けられてしまいます。そのため、近年では防犯性能が高い鍵が販売されています。まだ古い鍵を使っているのであれば、鍵交換を検討しましょう。

古いタイプの鍵が持つ危険性

古いタイプの鍵はピッキングで簡単に開けられてしまいます
古いタイプの鍵は、防犯性能が低いので、ピッキングで簡単に開けることができます。そのため、ピッキング犯は一般的に使用されていた古いタイプの鍵を狙って空き巣に入るのです。
そのまま使い続けると様々なアクシデントが発生する可能性が高いです
鍵を差し込んだ際に、抜けなくなることや、折れることがあります。また、シリンダー内部がすり減る場合もあるでしょう。その他にも、鍵は経年劣化によって折れることがあります。ですから経年劣化で鍵が折れる前に鍵交換をしましょう。

泥棒の多くはピッキングの技術を持っていて、古いタイプの鍵を使っていると簡単にこじ開けられてしまいますし、場合によっては鍵を壊されてしまいます。大切な家族や住宅を犯罪から守るためにも、防犯性の高い鍵と交換しましょう。

防犯性の高いディンプルキーを採用しよう

現在では鍵の防犯性能が重視されるようになってきています。それに伴い泥棒も簡単なピッキング技術を身につけています。ですから、ピッキングできないようなものに鍵交換することが不可欠なのです。ここでは高性能で防犯性の高い鍵を紹介します。

住宅の玄関などで使用されている防犯性の高い鍵

  • ロータリーシリンダーキー
  • ディンプルシリンダーキー
  • 補助錠
  • 暗証番号錠
  • タッチ式のカードキー
  • 指紋認証タイプのドアロック
  • リモコンキー

最近建築される住宅にはタッチ式カードキーが採用されることが多いです

最近では鍵のタイプもバリエーション豊かになっています。鍵といえば、誰もが昔からあるタイプの鍵を連想することでしょう。しかし最近の鍵はタッチ式カードキーなどがあり、昔の鍵のイメージとは遠くかけ離れてものになっています。また、最近建築される住宅では、防犯性能向上のためとしてもこの、タッチ式カードキーが採用されているのです。

鍵の紛失が心配な場合は指紋認証タイプの鍵がベストです

この指紋認証タイプの鍵は、防犯鍵の中では比較的に高価な部類に入ります。この指紋認証タイプの鍵は、自分の指紋を鍵の代わりとしています。ですから、普段鍵を持ち歩く手間が省けるというメリットがあるのです。鍵を紛失することもなければ、盗難されることもないので安心です。

安全性を重視するなら補助錠も取り付けておきましょう

泥棒や空き巣の手口は様々で、ピッキング以外にもこじ開けといった手口があります。ピッキングに対して強い防犯効果を発揮する鍵でも、こじ開けには対抗できない場合があるため、二重の防犯対策として補助錠を取り付けましょう。また、補助錠を取り付けることで、防犯性能を更に高めることができますし、空き巣に対する威嚇効果も得られます。

ここで紹介した鍵に交換することによって、自宅の防犯性能を大幅に高めることができます。開錠が困難な鍵を取り付けているというだけでも、犯罪の抑止力となります。また例え泥棒が鍵を開けようとしても、簡単に開けることができないので安心です。

TOPボタン