鍵交換は自分でも簡単に行なうことができる

従来使用されていた鍵は防犯性が低くピッキングに弱い 従来使用されていた鍵は防犯性が低くピッキングに弱い

ディンプルキーは個人で取り付けることも可能

ドライバー

鍵交換をする際は、業者に依頼して施工してもらうことが多いです。しかしやり方さえ分かってしまえば、鍵交換は誰でもできるようになります。また鍵交換をする際に必要となる工具も、ドライバーだけなのですぐに準備することができます。

鍵の交換作業は予想以上に簡単です

鍵交換は非常に簡単です。まず、ドアにネジがついているのでそれをドライバーで外します。ビスを外し終えたら、ピンをとり外すだけで、シリンダーが簡単に取れてしまいます。この鍵を取り外す時に使う工具は、ドライバー一本です。次に、シリンダーが取り外せたら、今度は購入したシリンダーを付けましょう。シリンダーを押しつけながら、ピンを付け、最後にネジを付ければ鍵交換完了です。ドライバーで簡単に鍵交換をすることができるので、女性の人でも簡単に鍵交換をすることができます。

個人で鍵交換を行なう際は紛失や破損に注意

このトラブルが発生した際に、正しい対処法が分からずに問題を悪化させることもあるのです。ですから困った時は、すぐに業者に頼るようにしましょう。

鍵交換に失敗してしまった人の体験談

鍵の寸法を測り間違えてしまいました(50代/男性)

寸法を間違えてしまい、ドアの開け閉めができなくなりました。扉の隙間は数ミリ程度しかないので、ちょっとズレてしまうだけでもドアがキレイに閉まらなくなるみたいです。次やる時は業者に任せようと思いました。

取り付け作業を行なう際に部品を無くしてしまいました(30代/男性)

今まで知らなかったのですが、ビスやネジなどの細かい部品にも、サイズがあるようです。ですから、既存のビスやネジはなくさないように注意して作業をしました。しかし、なくさないように注意して作業していても、ネジが小さいこともあって、なくしてしまったのです。探しても中々見つからないので、諦めて業者に依頼しました。

TOPボタン